tototototo2

very impressed

職場の先輩がえらくプッシュしていた本。
書評拝見して思わず読みたくなって、予約して借りました。
a0187575_19584312.jpg

書評に違わず、次が気になって早く読みたくなる本。
久しぶり。
テストだ何だと駆けずり回るこの3日間だったのに、読み終えてしまいました。
(※今の私にとっては、相当早いペース)

「高機能自閉症」には全くなじみがなかったけど、no problem.
その症状や療育については、端的でわかりやすく説明されています。
何より、一母親として「こどもを育てる」ために学ぶことがたくさんありました。

わが子が社会生活を円滑に営めるように、その子の特性に応じた道を探していく・作っていくという心構え。
→巷で有名な理論とか流行の習い事とかに執着しても、その子に合わなければ意味がないってこと。

学校で何か問題が起きた時、校長その他関係組織とどう向き合ったら効果的に話が進むか。
→不平不満をぶつけるのではなく、より客観的な問題認識の共有と解決策の提示が信頼関係を生む。
 お願いしたいことはひとつに絞る、些末な部分は切り捨てる。

他にもいろいろなエッセンスが詰まっていました。
こどもの障害を目の前にしてもなお、冷静に考えて行動につなげていった著者には頭が下がります。
この方が母親だったからこそ、可能だった成長、拓けた道だと思いました。
問題認識の視点、思考回路は、研究者としてのバックグラウンドがあったことが大きいのかもしれないけど。

わたしも、毎日楽しく過ごすことに加えて、もう少し視野を広げてこどもに関わっていきたいなあ。
こどもたちが自分で好きな道を歩いて行けるようになれば、素晴らしいこと。
[PR]



by kazusatoda | 2012-07-24 19:58 | general

laughter brings good luck.
by kazusatoda
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

最新の記事

my new blog
at 2014-08-12 07:15
そして。
at 2014-04-01 04:14
the last day
at 2014-03-31 23:50
離れていると見えること。
at 2014-03-30 23:35
かわいいザムザ
at 2014-03-30 04:44

画像一覧